灯明の湯  
温泉の紹介 郷土料理 ご宿泊 周辺観光案内 交通案内 お問い合わせ

灯明の湯信州・八ヶ岳東山麓・千曲川の支流湯川渓谷に海尻温泉 灯明の湯 がOPENしました。
灯明の湯の由来は、元禄十五年、前年の大火で焼失した善光寺本堂再建のため、南佐久各地から木材が伐り出され、南牧村海尻から伐り出された木は、湯川渓谷を経て千曲川へと運ばれました。その木は現在も柱となり善光寺 本堂にあります。
ある日、夕暮れに及んだ作業に難儀していると、渓谷の岩の一つが灯をともしたように明るくなり、人々の作業を助けました。
以来その200m近い巨岩は”灯明の岩”と呼ばれるようになりました。渓谷には清光地、上人の尾根などの地名が遺され、古くから仏門信徒の修行の聖地だったことをうががわせます。
「灯明の湯」は、そうした湯川渓谷の温泉で、心に温かな憩いの明かりを灯したいとの願いを込めて命名いたしました。 主人
 

<灯明観音>

温泉の守り神<灯明観音>は善光寺管主さまの(燈明)の色紙とともに
燈明の湯のお守りになりました。
地元の天台宗<医王院>の住職さまや地元の世話役の方たちと入魂式が行われ、開運成就、家内守護の観音様として奉られています。
 

ご寄付をいただきました浄財は中部新潟沖地震等の災害援助金として社会福祉協議会を通じて赤十字に寄付されています。

燈明の湯のポリシーメッセージは、人と地球にやさしい癒しの効き湯ですが 、深い慈悲の心で訪れる人を見守ってくれます。

片手に千羽鶴を持っているのは、子供たちの夢を叶えてくれる思いを込めた鶴達です。

静かに見守っている観音様です。

灯明の湯 の泉質

ナトリューム・マグネシューム炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性低温泉)

療養泉の一般的効能

神経痛、筋肉痛、関節通、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進

泉質別効能

きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

オーナーのこだわり

こだわり温泉内風呂当温泉は八ヶ岳の硫黄岳から流れる湯川渓谷に古くから涌き出る温泉を利用しました。
湯川は温泉が自然と涌き出ているので川の色が変化しています。
温泉の泉温は低めですが通常の温泉の3倍の豊富なミネラル成分を含んでいます。
内湯は淡いグリーン色です。温泉の効能成分を損なわないため直接ボイラーで沸かさず熱交換方式により 約41度に加熱しております。
また、24時間新しい源泉を毎分40リットル補充していますので常にフレッシュな温泉にご入浴いただけます。
お勧めは源泉バイブラバスです。
サウナに入った後の水風呂は冷たくて入れない方も多いと思います。このバスはサウナの後の入浴に最適な温度です。
またサウナは遠赤外線サウナを利用し血液の循環を高めることにより、肩や腰の痛みを和らげます。
また、建物は山里の温泉でやすらぐ雰囲気を大切にして自然の木材を多く使い、自然の命を大切にしました。
ご入浴されたお客様からは「子どものアトピーがよくなった」などのご好評も得ており、美肌効果抜群の温泉です。
この温泉は八ヶ岳の大地そのものだと思っております。皆様も、ぜひ一度お越しください。

 

露天風呂につきましては、泉温32℃のかけ流し温泉です。
以前は灯油ボイラーにて加温していましたが、東日本大震災以降加温せず源泉にしています。
地球の温暖化防止に少しでも役立ち、未来の地球と子供たちを守りたい。

灯明の湯 主人

灯明の湯 自慢は岩魚と鹿肉料理

灯明の湯では、お越しいただいた皆様に、信州ならではの素朴な郷土料理を味わって頂けるように、千曲川の源流、川上村で育った岩魚を食材にした岩魚と鹿肉のたたき (季節により)を用意して皆様のお越しをお待ちしております。

灯明の湯 ご利用案内

  • 営業時間:午前11時から午後9時(受付は午後8:20分まで)
  • お食事時間 午前11時〜オーダーストップ午後8時まで
  • 料金:大人800円、子ども(小学生)500円、幼児 300円(UNHCRへ寄付いたします。)
  • 露天風呂、サウナ、休息室(個室あり)、郷土料理あり
 
 
 
Copyright(C)2007 Toumyou Ltd.,Co.All rights reserved.